診療案内

胃腸内科

胃腸内科では、胃腸の病気の他、胆嚢・胆管・膵臓の病気、肝臓の病気に対して専門的な診療・検査を行います。

上部消化管内視鏡検査

ファイバースコープを口から挿入し、食道、胃、十二指腸の病変を診断します。直接臓器を観察するため、早期胃がんの診断などに有用です。

検査で分かる主な病気

・胃の病気(胃がん、胃炎、胃潰瘍、ピロリ菌感染症など)
・食道の病気(逆流性食道炎、食道潰瘍、食道がんなど)
・十二指腸の病気(十二指腸潰瘍など)

検査の流れ

1:事前に外来にて問診および検査の説明を行います。持病、内服薬のチェック、当日のお食事やお薬の注意点
  についての説明、検査による合併症の説明をいたします。
2:検査当日は、まずのどの麻酔のための水薬を飲んでいただきます。その後胃の動きをおさえるためのお薬を
  注射します。鎮静剤の使用を希望される方は、鎮静剤の注射も行います。
3:口から内視鏡(胃カメラ)を挿入し、検査を行います。食道、胃、十二指腸を順番に見ていきます。
  腫瘍病変などが見つかった場合は、組織の検査をすることもあります。
  検査後、医師から結果の説明をいたします。

腹部超音波検査(エコー)

超音波検査は、超音波を体に当てて病気を診断する検査です。主に肝臓・胆のう・膵臓・腎臓を検査し、臓器の大きさや形、炎症や腫瘍の有無などを調べます。痛みがほとんどない検査です。

検査で分かる主な病気

・肝臓の病気(肝炎、肝硬変、肝腫瘍など)
・胆のうの病気(胆のう炎、胆石症など)
・膵臓の病気(膵のう胞、膵炎、膵がんなど)
・腎臓の病気(腎のう胞、腎結石など)

診療案内

  • 内科
  • 整形外科
  • 精神科
  • 胃腸内科
  • 訪問診療
  • 禁煙外来
  • 健診・予防接種
〒352-0022
埼玉県新座市本多1-3-8
  • 内科
  • 整形外科
  • 精神科
  • 胃腸内科
  • 訪問診療
  • 禁煙外来
  • 健診・予防接種
  • カウンセリング
  • コラム